小説 金田一少年の事件簿 電脳山荘殺人事件

天樹征丸

パソコン上のミステリーサークルのオフ会。
それぞれがハンドルネームを名乗り、
素性が分からないまま次々に事件が起きる。
犯人の「お前らの大好きな雪の山荘で殺してやった」
という言葉が、皮肉がきいていて忘れられません。
小説ならではのトリックが面白く、
小説版金田一少年で一番おすすめです。


本のリンク: