図書館の魔女

高田大介

五年前に見かけて、
欲しいと思っていたのですが、なんだか
もったいなく思えて延期していました。
それが、何故か天啓のように決心がつき、
今年やっと手に入れることができました。
奔流のように押し寄せ、
飲み込むような言葉と世界の奔流に
魂をつかまれる作品です。


本の情報:講談社文庫

本のリンク: