晴れた日は図書館へいこう 夢のかたち

緑川聖司

鬼滅の刃最終巻と発売日が重なり、
大混雑の本屋さんで手に入れた
大好きなシリーズの7年越しの新刊です。
図書館と本と人の物語。
わくわくする作中作溢れていて
読めば読むほど本が読みたくなります。
人と本の出会い、
人を通した本の世界も広がる
優しいお話だなと思います。‬


本の情報:ポプラ文庫ピュアフル

コメント:

『ゆっくり読もう、ゆっくり読もうと思いつつ、一気に読みきってしまいました。今からもう1度読みます!』
あやふや文庫にも何度か登場し、ファンの多い本書。久々の新刊だそうです。鬼滅最終巻と同日とは、今年一番、本屋さんが混んだ日だったかもしれませんね。

本のリンク: