ハツカネズミと人間

スタインベック

普段は本をあまり読まず
映像や舞台を観ることが多いのですが、
自粛を機に今まで観てきた作品の
原作を読んでみようと思い
この本を手に取りました。
結果、文章でも心を動かされ
涙が止まらず…。
明るいお話ではありませんが
読み応えがある1冊でした。


本の情報:訳者:大浦暁生,新潮文庫

本のリンク: