あの本は読まれているか

ラーラ・プレスコット

冷戦時代、CIAがソ連の内側に
揺さぶりをかける手段として用いたのが、
反体制とされる「本」。
物語の力を本気で信じて、
危険な潜入までして「本」を手に入れ、
印刷し、極秘裏に配布する…
とてもスリリングでした。
女性たちが補助じゃなく、
一人一人に意思のある個人として
描かれるのも大変よいです!


本の情報:東京創元社、吉澤康子訳

本のリンク: