異形のものたち

小池真理子

ページを開いた途端に
不思議な世界に引きずり込まれて、
読んだあともしばらく
現実に帰って来られない。
怖くて怖くて堪らなくて、
この先を知りたくはないけれど
読み進めずにはいられない。
小池真理子先生の作品を読んだのは
この本が初めてでしたが
その魅力に取り憑かれてしまいました。


本のリンク: