子どもたちは夜と遊ぶ

辻村深月

浅葱、という登場人物に
感情移入をし過ぎてしんどくなるのに、
読む手はどうしても止まりません。
手元に置いておくだけで辛くなるのに、
何週間も引きずるくらい
浅葱のことを考えました。
今年1番胸に響きました。


本のリンク: