何もかも憂鬱な夜に

中村文則

8年前に購入したものの、内容があまりに暗く、
序盤で挫折して放置していました。
今年本棚の奥から出てきて、なんとなく再読。
文章の上手さ、内容の奥深さに鳥肌が立ち、
一息に最後まで読みました。
自分もこの本の良さが分かる程度には
人生経験を積んだのだなぁ、
としみじみさせられた本です。


これが気になります!

本の情報:集英社文庫

本のリンク: