サンカの民と被差別の世界

五木寛之

歴史の溝に埋もれてしまった
まつろわぬ民についての本です。
その民たちについて触れられる際、
故郷の周防大島が少しだけ出てきて、
東京で働く中で自分のルーツについて
考えるきっかけになりました。


本の情報:サンカの民と被差別民の歴史

本のリンク: