馬鹿と嘘の弓

森博嗣

とにかく頭を揺さぶられる物語です。
読んだ後に一週間ほど
「悪いのは誰か」(帯の煽り文)
について考え込んでしまいました……


本の情報:講談社(講談社ノベルス文庫)

本のリンク: