そうか、もう君はいないのか

城山三郎

タイトルに惹かれて読んだら
暖かいエッセイで
今年1泣きました。


本の情報:新潮文庫

本のリンク: