少女七竈と七人の可愛そうな大人

桜庭一樹

中学時代に読んであまりピンと
こなかったこの本を今年再び読みました。
辻斬りをしたあの母親と同じ年齢に
なった今、初めて読んだときには
わからなかったことが
じんわりと胸に広がりました。


本の情報:角川書店

本のリンク: