妖怪アパートの幽雅な日常

香月日輪

この本は私の薄暗かった学生時代に
彩りを与えてくれた、
シリーズ最初で最高の1冊でした。
作中の台詞であの頃どれだけ読み返して
どれだけ感動して泣いたか。
初めて読んだ時の感覚は
今も忘れられません。
疲れた時、苦しい時開くと
そっと後ろから背中を押してくれる、
そんな素敵な本です。


これが気になります!

本の情報:講談社

本のリンク: