銀河鉄道の夜

宮沢賢治

好きな方が熱心におすすめしていたので
手に取りました。
表題作は私の読書体験が少ないせいか
あまり理解できず、
いつかこれの良さを感じたいと思いながら
本を読んでいます


本の情報:新潮社 新潮文庫

本のリンク: