loader image


ねじの回転

ヘンリー・ジェイムス

ハマっているリズムゲームの楽曲で、
原典として取り上げられたのをきっかけに
手に取りました。
様々な捉え方ができる作品。
初読と再読とで解釈がガラッと変わる。
ホラーといえばホラー。
とにかく前情報一切入れずに読んでほしい。
だからこそ多くは語れない。
“私”は誰? 見えているものは……


これが気になります!



紹介者メッセージ:

いつもありがとうございます!

店主コメント:

心理小説の名作で、なんと初版は1898年!このようなきっかけで読まれたのは、出会いですね。

本のリンク:

Twitter:このツイートへ