loader image


スナーク狩り

ルイス・キャロル

久しぶりに図書館に行き、そういえば
読みたいと思って忘れていたなあと思って
手に取りました。
挿絵がムーミンのトーベ・ヤンソンで
57577の短歌形式になるように
翻訳の方が調整した文章も読みやすく、
ウィキペディアなどで補足を見つつ
じっくりと謎の生物「スナーク」を
巡る顛末を楽しみました


これが気になります!



店主コメント:

「不思議の国のアリス」の作者の詩の本。
宮部みゆきさんの同名小説は、この本を引用されたものです。
さて、スナークとはいったい何でしょう…?

本のリンク:

Twitter:このツイートへ