loader image


牛への道

宮沢章夫

この本で、人生で初めて
「声を出して笑うエッセイ」
に出会い、衝撃を受けました。
その後、宮沢さんのエッセイはもちろん、
戯曲も読みあさり、
お芝居にも通いました。
今年お亡くなりになってしまったのが
残念でなりません。


これが気になります!



店主コメント:

残念ながら作者は亡くなりましたが、数々の作品が遺り、また多くの人の心に残りました。
自分も近親者を亡くした少し寂しい年末に、「遺す」という事に思いを巡らせています。

本のリンク:

Twitter:このツイートへ