終末のフール

伊坂幸太郎

緩やかな終末の先端にいる。
日常が変わっていく中で、
そんなことを考えた一年でした。
非日常にも慣れましたが、
こんな時だからこそなのか、
隕石衝突を三年後に控えた世界が
舞台の小説を思い出します。
世界が終わりに向かっていようとも、
明日は来るし、生活は続く
そう思わせてくれる一冊です。


これが気になります!

本の情報:集英社

本のリンク:

Twitter:このツイートへ