loader image


陰陽師と天狗眼―巴市もののけトラブル係―

歌峰由子

少しわけありの青年たちが出会って
互いの寄る辺になっていく過程が
丁寧に書かれているところが好きです。
また、よく物語に登場する
瀬戸内海沿いの地域でなく、
山間部が舞台であるところも
同県の似た地域の出身者として
嬉しいところです。


これが気になります!



本の情報:マイクロマガジン社/ことのは文庫
(コミック版も出ています)

本のリンク: