loader image


君の膵臓をたべたい

住野よる

なんとはなしに
「読みたいな」って呟いたら
友人から譲ってもらい、
半年近くかけて読み終えました。
自然と会話するような文体で
とても読みやすく、
タイトルの「君の膵臓をたべたい」という
言葉に隠された意味が分かった瞬間の
感動は忘れられません・・・!


これが気になります!



本のリンク: