loader image


エピローグ2022

あやふや文庫

今年のあやふや文庫のテーマの1つは
「本の未来」でした。
本は紙から電子,音や映像にまで広がり、
紙という媒体を「本」としていた定義は
変わりつつあります。
今年寄せられた作品は、長編や古典,
専門分野の解説等、読むのに労力を
要するもの。またそれに対し、詩や短歌,
短い文学等も多かったように思います。
相反するようで、どちらも、言葉を読み取り、
解釈し、そして想像する力が必要です。
個人的には、ここに新たな本の定義と未来が
少し透けて見えるような気がしました。

新年がみなさまにとって
喜びの多い年となりますように。

2022年12月31日 あやふや文庫 店主


これが気になります!



Twitter:このツイートへ