loader image


水上バス浅草行き

岡本真帆

「ほんとうにあたしでいいの?」
の短歌が収録されていると聞いて
手に取りました。
他の短歌も可愛かったり
皮肉が聞いていたり、
ともだちの誰かから
話を聞いているような
気持ちになれる一冊です。


これが気になります!



店主コメント:

昨日に続き、今日は現代短歌。
時代や言葉の使い方が変わっても、短い言葉の余白に沢山の思いを想像できるのは、日本語の特性ではないでしょうか。

本のリンク:

Twitter:このツイートへ