loader image


きみはポラリス

三浦しをん

普段あまり読まない恋愛小説。
漠然としつつも
確信に満ちたタイトルに惹かれて
読みはじめました。
恋の色や形、表れ方、感じ方、思い方、
すべてに正解も不正解もなくて
すべてがまぶしく愛おしい。
恋をつかんだり手放したりしながら
生きる登場人物たちを
羨ましく思いました。


これが気になります!



紹介者メッセージ:

いつもたのしく見させていただいております!丁寧で細やかな活動に感謝いたします

本のリンク: