loader image


栞と嘘の季節

米澤穂信

シリーズものの2作目。
前作に引き続き、作品主人公となる
図書委員二人の掛け合いが
雑なようでありながらも
巧妙で飽きさせない。
図書室で発見された事件の
重要アイテムを携えて真相を追うも、
小さな嘘がいくつも散りばめられ、
最後まで決着点が見えず
一気読みしました。


これが気になります!



紹介者メッセージ:

前作に引き続き装幀がとても美麗です。
早く読みたかったので電子書籍で購入しましたが、装幀を担当された会社さんのこだわりを拝見し、
紙の質感で味わうべく紙媒体も追加購入しました。

本のリンク: