ビブリア古書堂の事件手帖

三上延

ミステリーを読むのが大好きで、
実写ドラマで原作があることを知り、
読み始めたのがきっかけでした。
「古書」から謎を紐解く古書堂の店主と、
本が読めない青年店員の二人が
古書によって様々な出会いと、
記憶に触れる物語となっています。


これが気になります!

本の情報:メディアワークス文庫

本のリンク: