2021 Advenr Book

本にだって雄と雌があります

小田雅久仁

友人から「絶対に好きだから」と渡された1冊。
分厚いしタイトルもよくわからなくて
とっつきにくい…と思って読み始めたが最後。
面白い文章に笑っていたはずが
いつの間にか涙していました。
一族の過去と未来が蘇る、
史上最高の読書体験ができた作品。


これが気になります!



本の情報:新潮社

紹介者メッセージ:

いつもあやふや文庫楽しんでます!
来年もよろしくお願い致します。
寒い日が続きますのでご自愛ください。

本のリンク: