2021 Advenr Book

納棺夫日記

青木新門

人の死について興味があり
死に関わる様々な職業の方の本を
読み漁っていたのですが、
「死についていくら生者が頭で考えても
似て非なる死のイメージを生むだけである」
という言葉にハッとさせられました。


これが気になります!



本の情報:文春文庫

本のリンク: