loader image


青が散る

宮本輝

17の春、成人年齢の引き下げにより、
自分ももうすぐ大人になるのだと
なんとなく息詰まっていた私に
生き方を教えてくれた一冊。
彼らの送る懸命であざやかで
脆く儚い青春は、18になったいまでも
大切に心に残っています。


これが気になります!



店主コメント:

18歳の方が選んだ今年の1冊。初版は恐らくご両親世代ですが、
今の若者にも響く青春文学なのですね。
急に「成人」を早められた世代の心境に、思いを馳せました。

本のリンク:

Twitter:このツイートへ